IIJmioの格安SIMってどんなサービス?料金プラン・速度・評判について

IIJmio格安SIMって?

株式会社インターネットイニシアティブからの格安SIMと格安スマホのサービスみおふぉんについてご紹介いたします。インターネットイニシアティブジャパンは日本初の商用インターネットサービスプロバイダーとして知られていますが、MVNO業界にも古くから参入しており、格安SIMサービスが開始された当初からのユーザーの中では、bmobileやIIJmioという名のサービスを知っている人も多いでしょう。2015年に行われた、格安SIMアワード顧客満足度調査で、総合部門の最優秀賞を受賞した実力を持っています。通信速度や、顧客サポート、コストパフォーマンスが評価された結果と言えるでしょう。さてさて、IIJmioの料金プランの解説から、速度情報・キャンペーン情報まで網羅しました。IIJmioについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoの基地局を使った格安SIM・格安スマホ

格安スマホのIIJmioは国内通信業者最大手のdocomoとその回線利用契約をしています。ですのでもちろん通話品質はドコモと同じですし、通話エリアについても全く同等につながるので、乗り換えについての心配は不要です。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、IIJmioはセットでの販売も用意しています。docomoのスマホを持っていればSIMカードのみの契約でIIJmioを利用する事が出来ますので、わざわざスマホを新調しなくてすむので、ユーザーにとっては助かります。docomoという安心できる名前のサービスを利用することができ、毎月の支払額も安く抑えることができる魅力的なサービスです。

バースト機能│低速時がより快適に。

IIJmioには、「バースト機能」というものが搭載されています。まず、バースト転送機能について、説明したいと思います。通信速度が低速回線の時に、最初の数秒だけ高速回線を使用し、ページの表示をスムーズにするという機能のことです。このバーストモード機能が備わっていることで、低速通信モードでもネットの閲覧が快適になり、WEBページが表示されるまでの遅さが緩和され、スムーズにWEB閲覧が出来るので、なんとも素敵な機能で、とても人気があります。この、バースト機能はIIJmioとDMMモバイルでしか採用されいなく、他のMVNO業者では利用する事が出来ません。

高速通信量の繰越

通信データの容量はプランごとに異なりますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。そんな時もおまかせなのがIIJmioでありまして、今月の分を繰り越して、翌月に使用することが出来ます。余ったデータ容量を繰り越すことができないMVNOもありますので、データ通信量の繰り越しができるのは、IIJmioのメリットと言えるでしょう。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことにはIIJmioならしませんよ!

子どもや孫と一緒に使える、10枚までOK!

IIJmioの家族タイプのサービスなら、SIMカード追加最大枚数は、10枚です。これにより大人数の家族でもIIJmioへ切り替えることで、毎月重くのしかかる通信費も減らすことが出来るでしょう。1つの家族を携帯料金に置き換えてみると、今までの携帯料金よりもお安くなるので、節約できると思います。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。もちろん、購入後のフォローもしっかりしているので、初めて利用する方でも安心して使えます。子どもにスマホを使わせる場合でも、みまもりパックをオプションでつけることで安心できます。

みおふぉん料金プラン

IIJmioの料金プランや速度について、解説していきます。現在契約中のスマホの料金と照らし合わせながら、IIJmioでどれだけスマホ代を安くできるか、ご参考にして頂きたいと思います。どれぐらい節約できるのか、料金プランを見ていきましょう。

IIJmioの月額プラン・初期費用

みおふぉんの料金プランに関しては、SIMは安さが売りのデータ通信専用SIMと、電話までできる通話SIMとで料金が異なります。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、今まで通りに携帯電話としても利用したい時は、音声通話用のSIMを選び、データ通信用のSIMと間違わないようにしてください。音声SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの解約違約金

解約縛りと違約金について、まとめましたので、ご紹介します。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約のタイミングがいつでも、手数料がかからないところが良いところです。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。そのため何らかの理由で、12ヶ月経っていないのに解約を申込みますと、解約手数料は9,000円かかりますので注意が必要です。ただしNTTドコモ、au、Softbankなどとは異なり、縛り期間が自動的に更新されることはないので、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

IIJmioの口コミ

IIJmioのメリットを挙げるなら、サポートに対する顧客満足度の高さと、格安SIMとしては老舗であるという信頼感があります。2015年度格安SIMアワードの総合満足度でIIJmioが最優秀賞を獲得しているので、利用者が十分に満足している様子が伺えます。分からないことがあっても、専任のスタッフが電話で対応してくれるため、格安スマホを使ったことない人へも、非常にオススメのMVNOです。

通信速度が安定感とサポート体制が嬉しい

口コミで IIJmioの評判は、通信速度が安定しており、購入後のサポート大成も整っているという意見が多いようです。顧客満足度調査でわかるように顧客満足度での最優秀賞を受賞をしている優秀なものです。ですから、迷ったらIIJmioにしておけば間違いないと言っても過言ではありません。また20を超えるMVMO事業者の中でも、早くから参入しておりブランド力も浸透していると言えるでしょう。IIJmioはずっと安定して高評価のレビューが多いので、どの格安スマホ/SIMにすればいいのか悩んでいる人にとっては、心置きなく利用できるMVNOの一つであると思います。

IIJmioの通信スピード

多くのMVNOの中でのみおふぉんの特徴としては、225Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。回線速度や対応エリアがそのサービスの魅力の一つとなっています。実効速度が速い帯域で安定してる。との噂は、実際にネットのレビューなどの評価をチェックしてみると、なかなか高い評価を得ていると感じます。通信速度が速くて安定感のあるMVNOを利用したいのなら、最適なMVNOと言えます。IIJmio選択肢の一つにいかがでしょうか。

IIJmioの帯域制限

IIJmioの場合、低速通信を利用していると、直近3日間の通信量によって速度制限がかかってしまうことがあります。高速通信を利用している場合は帯域制限の対象にはなりません。全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、逸脱した量のデータ通信を行ったユーザーに対して、データ速度の制限を行います。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、速度を制限した状態で回線を使用することになります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。過度な使用をしなければ、通信制限にかかることはほとんどないと思います。

締切間近のキャンペーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です