話題の格安スマホ「楽天モバイル」人気の秘訣に迫る!5分かけ放題が便利すぎる!

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りて格安SIM、格安スマホを提供するMVNOの一つです。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。月々の利用料金は1250円という安さで、今、話題のサービスです。楽天モバイルは、キャリア3社であるdocomoの回線を利用しているため、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。さらに嬉しいのは、楽天モバイル契約中は、楽天市場で買い物して獲得したポイントが2倍になるという魅力的な特典があることです。前置きはこの辺にして、楽天モバイルの料金やデータ通信に関してまとめましたので、圧縮したスマホ代で何買おうか考えるだけでもう…。

docomoエリア対応の格安スマホ

楽天モバイルのデータ回線は、ドコモの回線をレンタルして使っています。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、ドコモ回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。docomoのスマホを利用している方でしたら、だいたいはお使いの機種のままでご利用いただけます。楽天モバイルが販売しているスマホを購入しても、そのまま利用することができます。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、スマホ本体を新規に買う必要が省けますね。あまり知られていないながらもドコモとの提携により格安でありながらも信頼できる安定した環境を誇る楽天モバイル回線はお得です。

SIMフリースマホが多すぎるくらい豊富

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、スマートフォン自体を購入する必要があります。そんな人のために楽天モバイルではスマホ本体もセット販売していますが、迷ってしまうほど種類が豊富で、他MVNOと比較して選択肢が多いのが特徴です。スマートホンだけでなく、タブレットを使いたいと思っている人でも、種類が多く同じように選択肢が広がります。楽天モバイルで全ての利用者にとても便利といえない点があるとすれば、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。楽天カードを未所有の場合、スマートフォン本体代金の支払い方法は一括払いしかありません。数あるMVNOの中でも機種の豊富さはダントツな点は、大きな魅力です。

高速データ通信量の繰越対応

契約したプランの内容によって、利用できるデータ容量は異なりますが、月によっては、あまり通信しなかったために容量の使い残しが出ることもありがちです。そんな場合でも、楽天モバイルは、次の月に残ったデータ容量を持越して利用うることができるのです。翌月に繰り越しが出来る格安SIM会社は意外に少ないので、繰り越しができるという点も、楽天モバイルの大きなメリットです。格安のサービスであるとはいえ、データ通信量の無駄はもったいないので効率良く使いたいですね。

通話料金がオトクな、楽天でんわ

楽天モバイルが手がけている電話サービスを「楽天でんわ」といいますが、そのメリットはこれまでの通話料金の半額で電話が使えてしまう所にあります。IP電話とは異なり、プレフィックス型と呼ばれるタイプの通話サービスで、こちらの電話番号を相手側にちゃんと通知ができます。当たり前ですが、このときに通知されるのは、使用している携帯電話の番号です。つまり、相手からすると、いつもどおりの電話と変わりません。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、けっこう使いづらいです。しかし、楽天でんわですと、とても使いやすくなっています。更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、楽天ポイントに加算されますので、さらにお得ですね。これだけじゃありません。

5分かけ放題オプション

ドコモ・au ・SoftBankといった大手3大キャリアでは、各社通話し放題のプランを用意していますが、MVNOでは、話し放題サービスを提供していないのがほとんどです。MVNOが出している格安スマホにはかなり惹かれるんだけど、かける回数が多いから電話代が跳ね上がりそうで心配だという人もいるでしょう。そんな人にもってこいのサービスが始まったのです。楽天モバイルが発表した新しいサービスで,1回の通話につき5分以内であれば,850円/月の使用料で何度も無料で通話できるというオプションサービスです。この「5分間通話かけ放題オプション」は、IP電話ではなく、一般の電話回線を利用していますので、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常通り変わりなく、通話し放題ができます。NifMoというところの通話し放題サービスは、発信者番号通知がされない事があるみたいです。楽天でんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

到着した月は無料は嬉しい

SIMを楽天モバイルにおいて契約した場合、契約した月の初めの一ヶ月は、料金が無料となります。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。現在利用しているキャリアの縛り期間や解約手数料の支払い義務もからんできますので 、SIMカードやスマートフォンの受け取りを、月初めにすることが一概にお得とは限りません。

楽天の格安スマホの月額プラン

楽天モバイルの料金体系の説明をしていきます。現在使われているスマホの月々の料金と比べて、どれだけ安くなるのか、検討しながら読んでいただけたら嬉しいです!それでは、楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

楽天モバイルの料金・初期費用

楽天モバイルの料金は、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、今ご利用中の携帯電話と変わりなく使いたい方は、音声通話SIMを契約しなければ電話として利用できなくなるので、注意して契約する必要があります。音声SIMの料金は、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

ベーシックプランは200Kbpsの低速通信だけとなりますが使い放題となるプランで、その他のプランはdocomoの高速LTE回線(225Kbps)が使えるプランです。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

楽天モバイルの解約手数料について

解約縛りと解約違約金、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMには最低利用期間がないためいつでも解約することが可能です。契約したものの短期間で契約解除するような事になっても、解約手数料が掛かりませんので安心です。ただし、通話SIMには1年間の最低利用期間が設定されています。どうしても解約するまでに1年も待てないという場合、解約手数料9800円取られますのでご注意ください。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

楽天モバイルの通信スピードに関して

楽天モバイルの回線は、0速度については、docomoと同じ回線ということで、安心のスピードですね。docomoと同じ回線が格安で使えるというのは、楽天モバイルならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。MVNOや格安スマホもさらに業績を伸ばしそうですね。

楽天モバイルの3日間制限

MVNO・キャリアともにそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。この制限は最も近い3日間のデータの容量がどれぐらいであるかによって決まり 、定められたデータ容量を超えた人に対して、通信速度を制限しています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

【間もなく終了】キャンペーンの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です