BIGLOBEの解約方法について

BIGLOBE LTEの月額プラン

BIGLOBE LTEの様々なプランとそれの料金を説明します。現在ご使用になっているスマホ代と比べながら、通信費を安くできるのか読んで下さい。早速、BIGLOBE LTEのプランや料金を細かく見ていきましょう。

BIGLOBE SIM月額プラン

BIGLOBE LTEのプランは、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声通話SIMは普通の携帯で使われる070/080/090で始まる番号が使えるものなので、通常通り携帯電話を使用したい場合には、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、ベーシックプラン以外のプランは、LTEというドコモの262.5Mbpsの高速回線が使えるものです。BIGLOBE LTEの初期費用は、3,240円になります。端末が必要な方は端末代もそれにプラスしてください。

BIGLOBE LTEの解約手数料について

解約制限と解約手数料、契約する前に、把握しておいてください。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。いつ解約する場合でも、解約手数料や違約金が発生しないのは安心ですね。ただし、通話SIMには1年間の最低利用期間が設定されています。12ヶ月が経つ前に解約を行なった場合は、手数料として8,000円を徴収されることになります。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、最低利用期間を終えての13ヶ月からは、違約金が発生しなくなるのが嬉しいです。

速度

BIGLOBE SIMの通信回線は、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。通信スピードについては、ドコモと同じ回線なので通信速度の信頼性はいうまでもないです。いちばん信頼があり安心できるdocomoと同じ回線を利用できることが、BIGLOBE SIMがもつ最大の強みの1つです。この先MOVOや格安スマホの利用しやすい新たなサービスがいろいろと登場してきそうです。

BIGLOBE SIMの通信制限

MVNO・キャリアともにそうですが、利用する方たちが公平に使用できるために、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、規定の通信量を超えた利用者には、速度が規制されていたのですが、嬉しいことに、この72時間制限が撤廃されました!ということで、BIGLOBE SIMを使うにあたって、直近3日のデータ使用量を憂慮する必要はありません。

BIGLOBE LTEのユニークポイント

MVNOの一種であるBIGLOBE LTEでは、格安のSIMおよび格安スマホを提供しています。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。月々の利用料金は900円という安さで、今、話題のサービスです。回線はドコモで使用しているものを使っているため、通話品質や電波の届き具合もdocomoとなんら変わりはありません。BIGLOBE独自のサービスに、「エンタメフリー」というオプションがあります。様々なサービス、例えばYouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotifyといったものを、通信量の消費を気にせずに好きなだけ使えるのです。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、BIGLOBE SIMの評判から速度まで、まとめてみました。節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoエリアで使えるBIGLOBE LTE

BIGLOBE市場でおなじみのBIGLOBEグループが提供している格安SIM、BIGLOBE LTEはドコモの通信回線を使っています。そのため気になる通話品質はNTTドコモと変わりませんし、通信エリアもNTT docomoと同じであるため国内の広範囲で利用することができます。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなくBIGLOBE LTEでも使えます。docomoのスマホを買う必要はありません。BIGLOBE LTEでは端末とSIMカードのセット販売も行っているのでそちらを購入してもOKです。ドコモのスマホをもっている場合、SIMカードのみを契約すれば使用することができるので、新たに本体を購入しなくてもすみます。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

SIMフリースマホが豊富!

BIGLOBE LTEを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、新たにスマートフォンを購入する必要があります。BIGLOBE LTEで販売されているスマートフォンは、迷ってしまうほど種類が豊富で、他MVNOと比較して選択肢が多いのが特徴です。スマートフォンだけでなくタブレット、SIMフリーのモバイルルーターも選択可能なため、用途に合わせて利用可能です。

あまったデータ量のくりこし対応してます。

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、時には忙しいなどの理由で、割り当てられたデータ容量を使い切れなかったという月もあるのではないでしょうか。そこは、BIGLOBE SIMなら、次月に繰り越すことが出来るのです。MVNOによっては、翌月繰越しに対応していないものもあり、翌月に繰越せるBIGLOBEスマホは魅力的ですね。特に格安スマホの場合はデータ転送量がネックになってきますので、翌月繰越を賢く利用しましょう。

電話料金が半額になる、BIGLOBEでんわ

通話料を半額にしたい時におススメなのがBIGLOBE LTEの「BIGLOBEでんわ」サービスです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、自分側の電話番号が、相手先に確実に通知されるようになっています。なお、当然のことながら、相手先に伝わる電話番号は普段どおりの番号です。電話を受ける側からすると、普段と何の変化もないのです。IP電話はほとんどの場合、番号通知が非通知とか050番号になってしまうので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆にBIGLOBEでんわはそういった不便さはありません。通話しホーダイのサービスも開始となりました。

3分カケホーダイ

大手3キャリアは、通話し放題プランを用意していますが、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。「MVNOは使用料が安くてすむというメリットがあるから検討したいけど、電話をかけることが多いから通話料が心配。」という方も、安心の料金プランが発表されました。BIGLOBE LTEの「3分かけ放題」という新サービスが始まりました。月々650円で、国内通話の最初の3分間は、何度でも無料になるのです。このかけ放題サービスは一般的な電話回線を使うので、電話回線を利用している他の電話と同じように、発信者の電話番号を相手に通知する“発信者番号通知”のサービスにも対応しているので、通常の電話の発信機能を落とさず、3分以内の通話がかけ放題になるところがこのプランの一番の魅力です。従来の「BIGLOBEでんわ」では、通常1分間に21.6円の通話料が必要でしたので、一回の電話はおよそ3分以内で用件だけ伝えたら電話を切ってしまうが、用件を伝える回数が多い(特に、通話時間の合計が一ヶ月あたり33分以上になる)という人にはかなりお得なといえますね。

650円だけで1,200円の無料通話がつく通話パック60

BIGLOBE SIMですと、3分のかけ放題サービスとは別で同じ金額で、通話パック60というオプションが用意されています。こちらはひと月あたり650円を支払うだけで、約2倍の1,200円分もの無料通話がつくオプションメニューです。通話を3分以上することがない!という方の場合は、「3分かけ放題」が絶対的におすすめですが、たまに長電話しちゃう!という方なら、新しい通話パック60もご利用してみるべき!上手に通話オプションを活用すると格安スマホがよりお得になりますよ♪

最初のひと月は無料に!

SIMをBIGLOBE SIMで契約をすると、初回月の月額料金がなんとタダになります。ちなみに、初回月とはSIMカードがお手元に届いたその日の月のことになります。ですので、月初に届くとほぼ1ヶ月分がタダになるということです。ただ、乗り換え前の通信会社の契約期間とか解約手数料の件もあるので、月初めまで待って契約するのが得か?というと、そうではないこともあります。乗り換えのタイミングは慎重に!

BIGLOBE SIMのキャンペーン詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です